埋れる・・・1


「あなたとなんか、結婚するんじゃなかった!!!」
もう嫌だ。
こんな生活、耐えられない。
「消えてっ!今すぐ私の目の前から消えて頂戴!!!」



激しい眩暈を覚え、そのまま意識が飛んでいたのだと思う。
どのぐらいの時間が経ったのだろう。
気が付くと私は、一人見知らぬ部屋に佇んでいた。

「何、ここ・・・・?」
私はその部屋の異様さに、思わず息を呑んだ。
家具らしいものは何も見当たらない。周囲に堆く積まれている物といえば、ぐしゃぐしゃになった服や雑誌などで、他にも飲み食いした物のカスがらしきものが、コンビニの袋からだらしなくはみだしていた。
狭苦しい部屋全体には、何かが醗酵したようなすえた臭いが満ちていた。
生ゴミが腐ったような臭い。加えてひどくカビ臭い。
私はぐぐっ喉を鳴らして吐き気をこらえた。

少しでも体を動かすと、がさごそとそこらじゅうの何かに触れる。
物に埋もれて床は見えなかったが、足もとの感触はやけにべたついていた。

ぐちゃっ・・・・
ぐちゃっ・・・・
何かが全身に絡み付いてくるような感触。
気のせいだろうか?
体がやけに重い。


「ここは・・・・どこ?」


その時、目の前のゴミの山のスキマをぬうように、携帯の着信音が聴こえてきた。
我に返った私は、ばさばさとそこいらのモノをどかし、かき分け、焦って携帯を拾い上げた。

と、聞き覚えのない男の声がした。

「山下さん、あんた返済期限とっくに過ぎちゃってんだけど、どうなってんの?」

山下・・・・?
違う。それは旧姓だ。
私の今の苗字は、松本。

わけのわからない電話を切った後、大急ぎで自宅に掛けてみた。


「おかけになった番号は、現在使われておりません・・・・・」


なんで?
使われてないってどういうこと?


動悸は徐々に激しさを増していた。
私は悲鳴をあげそうになるのを、必死でこらえていた。
湧き出る恐怖を押さえ込もうと努める感覚は、尿意をこらえる感覚に少し似ているかもしれない。


震える指を必死で御しながら、私は夫、順平の携帯に掛けてみたのだった。
祈るような気持ちでキーを押す。
だが、電源が切られているようだ。
「もうっ!肝心な時にいつもこうなんだから!」
順平に対して慢性的に抱いている苛立ちや不満が、またもや爆発しそうになったものの、私はようやく息を整えた。
今はとにかく、落ち着かなくては。

その後、何度掛けなおそうと、順平の携帯から返って来る反応は同じだった。



それにしても、本当にここはどこなのかしら?
私は一体、なんでこんなところにいるの?
背中にじっとりと滲んだ汗は、徐々に冷たくなってきている。


「とにかく冷静になって考えるのよ。
冷静に、冷静に・・・・・」



そうだわ、親友のアサミの携帯に掛けてみよう。
藁にもすがる思いで、彼女の携帯を呼び出してみる。


「ユキエ?・・・・・どうしたの?」
聞き覚えのある声を耳にして、私の身体から力が抜けていくのがわかった。

「アサミ、助けて・・・・私、何が何だかわからなくて・・・・」


と、受話器の向こうからは

「またなの?」

意外なほど冷ややかな声が返ってきた。

「お願いだからもうやめて。電話もかけてこないでって言ってあるでしょう」
「え・・・・?何?どういうこと?」
「悪いけど、これ以上はあなたにつきあってられないの。仕事中だし、とにかくもう切るからね!!」
「ちょっと待って!アサミ!」

プツリ・・・・・ツーツーツー・・・・・。

通話を切られたと同時に、頭の中の回線もまた、ブツリと断ち切られたような気がした。
なにがなんだかわからない。真っ白である。


「アサミ、一体どうしちゃったのよ・・・・」

まるで異次元空間に迷い込んでしまったかのようだ。
いや、実際ここはそうなのかもしれない。異次元空間。とても現実だとは思えない。
得体の知れない何かに弄ばれているような・・・・そんな不気味さに全身が縮み上がる。
私は携帯を握り締めたまま、がっくりと肩を落とした。



つづく
[PR]
# by soraemori2 | 2010-02-19 23:52 | 短編